ポッコリお腹&猫背も解消!? “骨盤底筋”を鍛えるとイイことだらけ

               

shutterstock_170412086“骨盤底筋”とは、骨盤の底にある筋肉で体の中心を支えるインナーマッスルのひとつ。この筋肉を鍛えることで、歪んだ骨盤が整うだけでなく、ポッコリお腹猫背などが解消でき、バストアップヒップアップといったダイエット効果も期待できます!

聞きなれないけど… “骨盤底筋”って何?

骨盤底筋は、子宮などの下腹部の臓器を正しい位置にキープする役割のある、女性にとってとても大切な筋肉。骨盤底筋が衰えると骨盤に歪みが生じ、ボディラインがくずれるきっかけとなることも。特にデスクワークだったり、ハイヒールを履く機会が多かったりすると、骨盤底筋が衰えやすいといわれています。

骨盤底筋の衰えをチェック!

日々の生活のなかには、骨盤底筋の衰えをしめす症状があらわれていることも。早速チェックしてみましょう。

  • 気を抜くと猫背になっている
  • 呼吸が浅い
  • 腰痛・肩こりがある
  • 冷え性である
  • O脚・X脚気味
  • 便秘が気になる
  • 生理のリズムが乱れやすい

 

shutterstock_252888340思い当たる項目が3つ以上ある場合、骨盤底筋が衰えているのかも。

ポッコリお腹や猫背、便秘も解消!鍛えるとイイことずくめ

骨盤底筋はお腹や背中の筋肉とつながっているため、鍛えることで下腹部がすっきりしたり、背筋がのびて姿勢が改善されたりするうれしい効果が。さらにバストアップやヒップアップにも効果的なうえ、便秘生理不順の解消にもつながるといわれているなど、イイことを挙げればきりがありません。

外でもおウチでも「骨盤底筋エクササイズ」

shutterstock_183184787「筋トレしなきゃ」と身構えなくても、通勤中や仕事の合間でもOK。またおウチでは、寝ながら手軽にトレーニングができます。

電車のなかで立ちながらエクササイズ

  1. 頭を糸で上からひっぱられているイメージで背筋を伸ばして立つ
  2. お尻をきゅっと引き締めて上に持ち上げるようなイメージで5~10秒キープ

おウチで寝ながらエクササイズ

  1. 仰向けに寝て、両足の膝を立てて腰幅に開く
  2. 息を吐きながらゆっくりと腰・背中を持ち上げ、肩から膝までを一直線にする
  3. 腰が落ちないように意識しながら息を吸い込み、息を吐きながらゆっくりと背中を床に下していく

イスを使ってエクササイズ

  1. イスの後ろに立ち、手は背もたれに。両足を肩幅よりも少し広めに開き、爪先は外側へ向ける
  2. 息を吸いながら、お尻をきゅっと引き締めるイメージで膝が直角に曲がるまで腰を落とす
  3. 息を吐きながら膝を伸ばし、元の姿勢にもどる

女性にとって大切な骨盤底筋は、シンプルなエクササイズで鍛えることができます。さっそく今日から実践してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LULUの最新情報をお届けします