2017年10月26日 メークアップ

アイメイクの上手な塗り方を学ぶならシャネルのアイシャドウを使うべし!

 

メイクの主役はやっぱりアイメイク

人に会った時に一番最初に目に入る顔のパーツ、やっぱり「目」ですよね。

「目ヂカラ」なんて言葉があるように、目から感じる力や印象ってかなり大きい気がします。

だからアイメイクってかなり重要なポイントだし、私たち女性が力入れてやっているところだとは思うんですが…その分、悩みもでてきちゃう部分でもあります。

ワンパターンになりがち…

アイメイク、こんな事になってませんか?

  • 昔流行ったメイクのまま
  • いつも同じような色を同じ所に使う
  • TPO別に塗り方を変えたりしない

だからといって、色々なアイシャドウを揃えたりして持て余したり、似合う色味のパターンが決まってるから冒険できなかったり、ワンパターンから脱出、するのはなかなかむずかしいですよね。いつもブラウンの無難なメイクになっちゃってる…なんて方、多いと思います。

でも実は、アイシャドウパレットがひとつあるだけで、色々なメイクが出来ちゃうんです。

シャネルのアイシャドウ『レ キャトル オンブル

 

アイビューティーストアー商品説明より≫

パレットにセットする4色はそれぞれ“ツイードを織りなす一本一本の糸”として、織り上げられたときに一枚の布地のように調和するカラーの組み合わせが選び抜かれました。選び抜かれた4色は、ツイードジャケットが、エレガントなドレスにはもちろんカジュアルな装いとの相性も抜群なように、どんなシーンにもあう多彩なメイクアップパターンのバリエーションを生み出すことができます。
新処方で実現したふんわりとしたやわらかなパウダーが瞼に心地よく、幾重に重ねても濁らないクリアな発色は、まさに感動的!

 

この4つのカラーというのがかなりの優れモノなコスメ!
様々なイメージのメイクが作れちゃうんです。

シャネルのアイシャドウ『レ キャトル オンブル』の使い方

シャネルのアイシャドウといえばこれ!…といった4色パレットのアイシャドウです。

その前に…

アイシャドウ塗り方の基本

アイシャドウの塗り方のベースは…

  1. ハイライトカラーをアイホール全体にのせ、まぶたのくすみなどの色を整える。
  2. ミディアムカラーをまぶたの中央辺りまで乗せる。
  3. メインカラーを目の際に細く入れます
  4. 最後に指先などでぼかしてグラデーションを作れば完成です。

 

ちなみに私は、締め色のミディアムカラーを先に乗せてから、それをぼかすようにメインカラーを乗せることが多いです。そうすると、ミディアムカラーがボケるので、ふんわりした目元にしたい方にはオススメします。

これを踏まえて、シャネルのパレット、見てみましょう!

レ キャトル オンブル

箱の中には、アイシャドウと、ベロア素材のケース、そして小さな冊子が入っています。

化粧品にたまについているこの小さな説明書、読まないで捨てちゃったりしてる人も多いと思いますが、ちょっと待ったー!!!

実はこの中にはシャネルさんが推奨するアイシャドウの塗り方・使い方が盛り込まれているんです!

アイシャドウを購入するとメイク講座がついてくるようなものです。ありがたや~。

ちなみに、今回使ったのは#208 ティセ ガブリエルというカラーです。
それぞれの色はこんな感じ。

Aは明るさを与えるハイライト シェード(ハイライト)

B・Cは気分によってお好みで使い分けることができるシェーディング シェード(ミディアムカラー)

Dは目もとを引き締めるディープ シェード(メインカラー)

ハイライトやシェーディングカラーは質のいい上品なパール感やラメ感が美しいです。粉質がても細かいのでノリや発色も良く、さすがシャネル!とうっとりします。

チップがふたつついていますが、ご自身でメイクブラシを使うのもアリと思います。

シャネル小冊子のアイメイク術

小冊子にはこんな感じで、目元の印象・イメージを変える4パターンのアイシャドウの塗り方があります。

では、それぞれ簡単にご紹介いたしましょう

ナチュラル

  1. Aをアイホール全体に
  2. Bをアイホールの目尻部分に塗り、内側へぼかす
  3. Cをアイホールの上のラインにのせてぼかす

アーモンド

  1. Bを目頭からアイホール中央に
  2. Dを目尻からアイホール中央に
  3. Cをアイホールの上ラインにのせてぼかし立体感を
  4. Aを眉下全体にぼかし、目元を際立たせる。

インテンス

  1. Cをアイホールにのせる
  2. Bを目尻の目の際からアイホール上ラインにぼかすように
  3. Dをアイラインに沿って細めに入れる(まつ毛の間を埋めるように)
  4. Aを目頭にのせ、内側にぼかす

スモーキー

  1. Bをアイホール全体に
  2. Dを目尻から内側へ、太めのアイライン状に塗る
  3. Cをアイホールラインにふんわりのせる
  4. Aを眉下にのせて、目頭の方までぼかす

 

ナチュラルから、ガッツリ系妖艶メイク、バッチリパーティーメイクまで、合わせ方で仕上がりがこんなに変わるんです!毎日の服装に合わせて塗り方を変える…なんて楽しみ方もできますね。

シャネルのアイシャドウ『レ キャトル オンブル』で、色んなアイメイクを楽しもう!

同じパレットでも、それぞれのカラーを乗せる位置などによって、イメージをガラリと変える事が出来ます。

色展開が豊富なので、ピンク系、ブラウン系、カーキ系、オレンジ系、ゴールド系にシルバー系…などなど、パーソナルカラーに合わせてこのパレットが選べるのも嬉しい所。ひとつ持っておくと、毎日のメイクが楽しくなっちゃうかも!

ひとつのパレットで様々なイメチェンができる「レ キャトル オンブル」自信をもっておすすめできます!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LULUの最新情報をお届けします