2017年10月3日 メークアップ

秋メイクに負けないまつげを手に入れろ!クリニークのマスカラ下地でカール&ロング&ボリュームUP!

人の印象を左右する「目」。

そしてその目を印象付ける要素「まつ毛」

このまつ毛が長いか短いか、濃いか薄いかで、目のイメージ、更には顔のイメージもだいぶ違ってきてしまいます。

長く濃く見せたいけど、まつエクや付けまつ毛は、「いかにも盛ってます!!」って人工的な感じがして、ナチュラルな美を求めたいオトナ女子には少しやり過ぎなイメージもしませんか?

地まつ毛を活かした長く濃いまつ毛を手に入れたい!作りたい!
そんな時に使いたいアイテム、ご紹介します。

クリニークラッシュビルディングプライマー

ラッシュビルディングプライマー
まあ、分かりやすく言うとマスカラ下地です。

マスカラを塗る前に塗る事で、より長さとボリュームを出すものですね。しかも、こちらのマスカラ下地はまつ毛の保護効果もあり!

アイビューティーストアー商品説明より≫

マスカラの下地として最適なアンダーコート。独自のポリマーがマスカラをしっかりと保持し、またまつ毛を乾燥から防ぎます。

トリートメント成分が配合されているので、まつげを乾燥やダメージから保護してくれるんだそうです。ウォータープルーフなどの落ちにくいマスカラを使う場合、まつ毛へのダメージも気になるので保護効果は嬉しいですね。

ただ…ハッキリいって、メイク時短派の自分にとって、マスカラだけでも面倒なのに、その前に下地を塗るなんて!と思う節もあるのですが、商品の口コミでの評判もいいので、ここはいっちょ実際に試してみましょう!

クリニークラッシュビルディングプライマー使用レポート

マスカラに比べて、だいぶ細身なパッケージです。こんな細くて小さいなら、コスメポーチに入れて携帯するにも邪魔にならないかも。

中身はこんな感じで、白い色の下地です。白地の下地って、カラーマスカラ使う時に発色が良くなるんですよね。

ブラシもノーマルなタイプの形ですが、毛足が長いから塗りやすそう。

軽くこすっただけでは、ほとんど皮膚につきませんでした。

なので、少し強く押し当てるとガッツリ付いたので、実際まつ毛に使用する前にブラシのティッシュオフとかは必要ない感じですね。

マスカラ下地の使い方ですが、下地ですのでマスカラを塗る前にこの下地を塗ります。そして、下地が乾いたらマスカラを塗ります。下地の中には乾く前にマスカラを塗る物もありますが、こちらは乾いた後ですね。

まずは、素まつげをご覧ください。

正真正銘マツエクもなんもしてない素のまつげです。短い方では無いと思うのですが、これじゃあメイクにも負けてしまいます。

ちなみに今回はカール力も見たいので、ビューラーもしていません。

下地を塗ってみました。

思ったよりコッテリついた感じがしますが、まつ毛同士がくっつかず、一本一本をセパレートしてくれて、長さがぐんと伸びていますね。

それより驚いたのが、このカール力!!!

ビューラーしていないのにくるんと上向きまつ毛にしてくれました。まつ毛パーマしたみたい!ビューラーしないとまつ毛なんて上がらないと思ってゴメンナサイ。これなら、ビューラーの手間ひとつ無くしてこの下地だけでもいいかも…。

ブラックのマスカラを上から塗りました。

見て下さい、このバサバサまつ毛!目ヂカラアップ!マツエクやつけまをしたかのごとくのロング効果&ボリュームに仕上がりました。これなら秋メイクにも負けない!

ただ、少しダマになりやすいので、コームで一度とかすとより美しく仕上がります。

ちなみに、もう片方の目には下地なしでそのままマスカラを塗ってみましたが、分かりやすく違いが出ております。

左が下地あり、右が下地なしです。
写真でも一目瞭然ですね。

ラッシュビルディングプライマーは予想以上に仕事してくれた

正直ファイバーが入ってる訳でもないし、そんなに変わらないんじゃないかと思っていたんですが、長さといいボリュームといいカールといい、思っていた以上の仕事をしてくれました。

ボリュームタイプのマスカラを使っている人、ロングタイプのマスカラを使っている人、カールタイプのマスカラを使っている人…などなど、マスカラを選ばず、どのタイプの人も満足のいく仕上がりになるのではないでしょうか?

ちなみにこのカール、1日もったのでキープ力も問題なし!

メイクの傾向が、バッチリ盛りメイクから、盛らない引き算メイクになってきている今、自然な感じでナチュラルにパッチリまつ毛を作ってくれるクリニークのラッシュビルディングプライマー、秋メイクにこちらのアイテムを使って、まつ毛美人になっちゃいましょう♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LULUの最新情報をお届けします