2016年11月24日 メークアップ

最旬の「Wチーク」でセクシー&キュートがぜんぶ叶う!

               

春夏に引き続き、秋冬メイクも血色感のあるものが人気です。チークも赤やクリーム系が主流ですが、どうしてもワンパターンになりがちですよね。そこで今回は秋の最旬メイク【Wチーク】のやり方をご紹介します!

Wチークとは?

shutterstock_344457563

質感や色味など、種類の異なるチークを重ねづけするメイクを「Wチーク」といいます。異なる素材を組み合わせることで頬に立体感が生まれ、小顔に見せる効果を発揮。さらにチークの発色、持ちをよくするというメリットもあり、いいことずくめのメイクなんです!

Wチークのやり方

shutterstock_463761191

定番はクリームチーク×パウダーチークの組み合わせ。クリームチークを頬骨に広げ、その後パウダーチークを上からふんわり重ねます。イエローベース肌の人はオレンジ、ブルーベース肌の人はピンク系のチークを合わせるのがおすすめ。くすみが目立たなくなり、顔色がパッと明るく見えますよ。

明るいピンクは日本人の肌になじみにくいのが難点ですが、Wチークで自然な仕上がりになります。クリームチークは色味をみつつ、あごや鼻すじにも少しのせましょう。全体に統一感がでて、よりナチュラルに、血色がよく見えます。

なりたい顔別Wチーク応用編

shutterstock_403555426

可愛く見せるWチーク

Cuteで可愛らしい雰囲気を出すなら、ピンクチーク×オレンジチークの組み合わせがおすすめ。まずピンクチークを黒目の下あたりから薄く伸ばし、頬の高い場所にオレンジチークをふわっとのせれば完成。ガーリーで可愛らしい印象になりますよ。

ナチュラルに見せるWチーク

ヘルシーな魅力を出したいなら、色味の違うクリームチークを2種類重ねましょう。

指にクリームチークをとり、頬に一色ずつランダムにぼかします。最後にスポンジでパッティングしてあげると、肌になじんで自然な仕上がりに!

手元のチークが一色しかないときは、リップを使う裏技も。

ピンクリップ×オレンジリップを頬の高い所にのせ、指でぽんぽんとなじませます。リップは一度手の甲に出してから指でなじませましょう。ほどよい色味とツヤ感で、ナチュラルで今っぽい雰囲気が完成です。

色っぽく見せるWチーク

上品な色っぽさを演出するなら、赤いクリームチーク×オレンジパウダーが◎。まずはクリームチークを黒目の部分から横幅にのせ、コーラルパウダーをふんわり上に重ねます。ふたつのチークを横幅に広くいれることで、いやみのない大人の色気が手に入りますよ。

血色感を出したいなら、レッドクリーム×ピンクパウダーがおすすめ。クリームチークを黒目から横幅になじませ、ピンクパウダーを重ねれば、じゅわっ色っぽい血色感メイクのできあがりです!
いいとこずくめのWチークを一度試したら、もう一色チークにはもどれないかも。今年の秋冬はWチークでワンランク上のメイクを目指しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LULUの最新情報をお届けします