2021年8月29日 スキンケアメークアップ

イヴロム 「ジェルバームクレンザー」の使い方と「クレンザー」との違いを解説

               

イギリスのスキンケアブランド、「Eve Lom(イヴロム)」とは

イギリスのスキンケアブランド、「Eve Lom(イヴロム)」。フェイシャルセラピストである美容家・イヴロムが手がけるスキンケアブランドです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

EVE LOM Skincare(@eve_lom)がシェアした投稿


ブランドの信念は「輝く輝く肌の秘訣は完璧なクレンジングから始まる」

ブランド最初のアイテムであり代表作である「クレンザー」は、洗顔からクレンジング、スクラブ、整肌まで担うオールインワン。世界中の有名店やスパで取り扱われています。日本でも一時期展開していましたが、2021年現在は日本未発売となっています。

『VOGUE』誌が”世界一のクレンザーになる”と紹介

イヴロムの代表作「クレンザー」は、天然由来の成分とエッセンシャルオイルを独自の特性でブレンドしたクレンザーバーム。洗顔からクレンジング、スクラブ、整肌までが1つで叶うアイテムで、マッサージした後に付属のモスリンクロスで優しく拭きとるという、独特の使い方をするのが特徴です。

かつてファッション誌『VOGUE』が”世界一のクレンザーになる”と紹介したこともあり、世界各国で数々の賞を受賞、美容愛好家や美容関係者に愛されているそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

EVE LOM Skincare(@eve_lom)がシェアした投稿

イヴロム 「ジェルバームクレンザー」とは

 

この投稿をInstagramで見る

 

EVE LOM Skincare(@eve_lom)がシェアした投稿

そんなイヴロムの「ジェルバームクレンザー」は、2018年にリリースされたジェル状のクレンザー。

「クレンザー」と同じく、天然由来の成分とエッセンシャルオイルを独自の特性でブレンド。やさしくメイクを落とすフェイシャルクレンザーです。

クローブ、ユーカリ、ホップ、カモミールオイル、シアバター、グレープシードオイルを配合。お肌にしっかりと栄養を補給してくれます。

また、植物由来のレシチンも配合。肌のコンディションを整え、バリア機能をサポートしてくれる効果が期待できるそう。

全ての肌タイプ向け。

「ジェルバームクレンザー」と「クレンザー」の違い

オリジナルの「クレンザー」と「ジェルバームクレンザー」との違いは、まずはそのテクスチャー。

ジェルバームクレンザーは、その名の通りジェル状のクレンザーになっています。

また、オリジナルのクレンザーがクロスで丁寧に拭き取るというひと手間があるのに対し、ジェルバームクレンザーは洗い流せる手軽さがポイントです。(もちろん、クレンザー同様拭き取りでの使用もOKです)

使うシーンは微妙に異なります。

ジェルバームクレンザー単体でメイク落としとして使えますが、クレンザー使用後のダブル洗顔に、また、朝晩の洗顔アイテムとしても使えます

つまりジェルバームクレンザーは、軽めのメイクを落とす手軽なクレンザーとして、また洗顔料の代わりとして使えるアイテムなんです。

イヴロムジェルバームクレンザーの使い方

メイク落としとして

容器を1〜2回プッシュして、手のひらにジェルバームを出します。濡らした肌につけてやさしくマッサージしてから、ぬるま湯で乳化させながらよくすすぎます。

朝のスキンケアとして

1回プッシュして手のひらにジェルバームを出してから肌にのせ、水をつけて乳化させてバームテクスチャーを作ってから洗い流します。

ダブル洗顔として

クレンザーでメイクを落とした後、ダブルクレンジングとしてジェルバームクレンザーを使います。

いずれの場合も、必要に応じてEVELOMのモスリンクロスと一緒に使用するといいそうです。

イヴロム EveLomジェルバームクレンザー【使ってみました】

LULU編集部員の私が、イヴロム EveLomジェルバームクレンザーを使ってみました。

こちらはお試しにもぴったりな30mlのトラベルサイズ。

小さいボトルですが、レギュラーサイズと同じ、きちんとしたプッシュ式になっています。

メイク落ちはどのくらい?

普段メイクで使うアイテムを腕につけて、メイクを落としてみました。

腕の上にワンプッシュ。薄いグリーンのジェルです。

ハーブの香りがします。アロマというよりは”薬草!”といった感じの匂いですが、普段ナチュラル系の化粧品をお使いの方なら大丈夫だと思います。

指先でくるくると広げてメイクと馴染ませます。(本当は濡れた肌につけるほうがいいそうですが、私はメイク落としとして使う場合は濡らさずにつけたほうが好みでした)

ぬるま湯を少しずつつけて乳化させます。

よく馴染ませたら洗い流します。

洗い上がりは、ほどよくしっとり、ほどよくさっぱり。お好みで洗顔料でのダブル洗顔をしてもいいかと思いますが、私はこのままで十分だと感じました。

ウォータープルーフアイテムを含む普段メイクは難なく落ちましたが、手持ちのリップアイテムの中で最も色が落ちにくいティントリップだけ、うっすら残ってしまいました。日頃から色味が残りやすいアイテムは、ポイントリムーバーを使ったほうがいいかもしれません。

ちなみにこの色持ち屈強なディオールのティントリップ、編集部イチオシです(笑)。

朝のスキンケアとして使った感想

イヴロム ジェルバームクレンザーは、肌の水分を落とすことなく不純物をやさしく取り除き、使うたびによりクリアで柔らかい肌へ導いてくれます。

朝のスキンケアとして洗顔に使うと、洗い上がりもつっぱらずにしっとり。続く化粧水や美容液もいい感じに肌を整えてくれているように感じました。

まとめ

イヴロム ジェルバームクレンザーは…

  • 軽めのメイクを落とす手軽なクレンザーとして、また洗顔料の代わりとして使えるアイテム
  • イヴロムの代表作「クレンザー」を使った後のダブルクレンジングとしても使える
  • 「クレンザー」を使ってみたい方の、香りや使用感のお試しとして

という、メイク落とし洗顔料です。30mlサイズはお値段も手頃なので、世界中にファンを持つイヴロムのアイテムの入門としていかがですか。

▼動画でもご紹介しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LULUの最新情報をお届けします