2020年6月22日 メークアップ

ランコムのマスカラ「ヴィルトゥーズ」はひと塗りでくるんと上向きまつ毛に

               

目元の印象って大事ですよね。顔の中で最も見られるパーツと言っても過言ではないと思います。

今回ご紹介するのは、その目元をパッチリと華やかに彩ってくれるマスカラ、ランコムの「ヴィルトゥーズ」をご紹介します。

ランコム独自の処方で100度のカールをキープ!

ランコム LANCOME ヴィルトゥーズの特徴

カール長持ち「カールガードコンプレックス」

ランコムのマスカラ ヴィルトゥーズは、まつげのカールをしっかりと固定して長持ちさせる「カールガードコンプレックス」を採用しています。更にビューラー級のカールアップを実現する「キープカールブラシ」。Wの効果でカールを長時間キープ。

その角度は、まつげが美しく見える「100度」。この角度のボリュームカーブをしっかり支え、目ヂカラを格段にアップさせます。

汗や皮脂ににじみにくい

ランコム LANCOME ヴィルトゥーズ

ヴィルトゥーズはウォーターレジスタントタイプ。ランコム初となるニュータイプのポリマーを使っているため、汗や皮脂に強く長時間にじみません。

なのに、落とす時にはお湯で流すとするんとオフできる機能性の高さも人気の理由。

上品なボリューム感

カールガードコンプレックスによってしっかりと上向きに上がったまつげを更に美しく見せるのがヴィルトゥーズの程よいボリューム感。

まつげ1本1本をガッチリキャッチし、マスカラ液をフィットさせることで、ボリュームがありつつもナチュラルな目元を作り出します。

ランコム ヴィルトゥーズの口コミ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Косметика и Крема в Украине(@cosmetics_creams_ukraine)がシェアした投稿

アイビューティーストアーには、ランコムのマスカラ「ヴィルトゥーズ」を購入した方からの口コミがたくさん寄せられています。

  • ダマになりにくく、塗りムラも出来にくいなと感じました。 二度塗りしても自然な感じの仕上がりになるのがとても良いです!(乾燥肌,38才)
  • 上品なつき具合で気に入ってます。持ちも良いです。普段メイクには本当に上品な仕上がりになります。(普通肌,47才)
  • わたしはまつげが細くて少なめなので、ランコムの濃くつくものたちが好みです。パンダにもならず、毎日使ってます!(普通肌,32才)
  • ボリュームはそこまででませんが、滲まずお上品なまつ毛になれます。(乾燥肌,33才)
  • リピート中。ボリューム長さ共に◎。お湯でオフも嬉しい!(混合肌,44才)
  • ボリューム、カールが良かった。値段も手ごろなので リピ確定です。(普通肌,36才)
  • 下まぶたが黒くならない、しっかりカールする、ボリュームもアップする、なのにお湯でするっと落ちる。素晴らしいマスカラです!(普通肌,40才)
  • まつ毛がぐっと上がってキープされます。デザインも持ちやすく塗りやすいです。(乾燥肌,36才)
  • 数年前からずっとリピートしています! コームにカーブがかかっているのでとても使いやすいです!(乾燥肌,27才)

 

「まつげがグッと上がる」「上品なボリューム」「パンダにならない」など、マスカラを購入するうえでポイントとなる点が気に入ったという声が多く見られました。中には長年愛用しているという方も。

ノーエクステノーつけま、根っからのマスカラ派の私(アラフォーLULU編集部員)。数多くのマスカラを使ってきたこのまつ毛で、ランコムのヴィルトゥーズをしっかりと試してみたいと思います。

ランコムのマスカラ「ヴィルトゥーズ」使用感レポート

パッケージ

外箱はシンプルなシルバー。ランコムのマークが刻印されています。

ランコム LANCOME ヴィルトゥーズ

マスカラは弓のようなシェイプで、カラーはブラック。こちらもシンプルです。

ランコム LANCOME ヴィルトゥーズ

ゴールドで「LANCOME」の文字とロゴが刻まれています。

ランコム LANCOME ヴィルトゥーズ

裏側には「VIRTUOSE(ヴィルトゥーズ)」の文字とロゴ。

ランコム LANCOME ヴィルトゥーズ

使い方

美しいカールを生み出すために、以下のような塗り方をしてみましょう。

  1. カーブの内側をまつ毛にあてるように使います。
  2. ブラシをまつ毛の根元にグッと当て2秒間プレス。
  3. その後、根元からしっかり持ち上げます。
  4. 持ち上げた状態でブラシカーブで3秒間ホールド。
  5. 落とすときはお湯で簡単にオフできます。

 

持ち上げた状態で少しキープするのがコツ。キープしたブラシを離した瞬間からその位置にまつ毛が固定されたようにカールするので、ほんの少しだけ待ちましょう。ゆっくりブラシを抜くことによって、美しいセパレートまつ毛も出来上がります。

ビューラーいらずでくるんと上向きのまつ毛を実現

こちらが目のカーブにしっかりフィットするように作られたランコム独自の「キープカールブラシ」。

ランコム LANCOME ヴィルトゥーズ

ブラシ自体は少し大き目なので、ひと塗りで端のまつ毛までガッチリとキャッチしてくれます。では、実際に使ってみましょう。

こちらはすっぴんまつ毛。まつエクも下地もビューラーも何もしていない状態です。

ランコム LANCOME ヴィルトゥーズ

しっかりと目の際にブラシをあて、まつげ同士の隙間にググっと差し込むように2秒待ったら毛先に向かってスーッと移動させます。引き抜く直前でストップ!3秒待ってスッと引き抜くと上向きまつ毛の出来上がり。

下まつ毛にもひと塗りした状態がこちら。

ランコム LANCOME ヴィルトゥーズ

まつ毛全体が持ち上がって、くるっとカールしているのが分かるでしょうか。もちろん下を向いたままの毛もありますが、ビューラー無しでこの状態はかなり優秀です。長さやボリュームも申し分なし。1度ぬりだとこの位の自然なボリューム感ですが、重ねて塗ることでゴージャスな目元を作り出すことも可能です。

ただ少し乾きが遅いと感じたので、マスカラを塗った後はしばらく目を見開いたり擦ったりはしない方がよさそうです。

半日ほど付けた状態で過ごしてみたところ、毛先から落ちた粉の点が少し見られましたが、にじんでパンダ目になる事はありませんでした。コンタクトレンズをしていても問題ありません。持ちも合格点ですね!

落とす時はお湯で簡単にオフできます。ポイントメイク落とし、クレンジングミルクでもしっかりと落とすことができました。最後まで優秀なマスカラです。

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Two Diaries(@thetwodiaries)がシェアした投稿

ランコムのマスカラ「 ヴィルトゥーズ」は、カールキープ、ボリューム、長さとすべての要素を兼ね備えたマスカラのお手本のようなコスメでした。

どのマスカラにしようか迷ったときはこちらをどうぞ!

ランコム LANCOME ヴィルトゥーズ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LULUの最新情報をお届けします