2018年7月24日 メークアップ

シミも隠せるゲランのハイライター メテオリット CC グロウ

 

ゲランのコンシーラー「メテオリット CC グロウ」筆ペンタイプのハイライターで、海外のゲランでは定番商品にラインナップされています。

日本では2018年1月に限定発売され、現在国内では購入不可能なアイテムなのですが、その使い勝手の良さから「手放せなくなった」という方も多いのです。

ゲラン「メテオリット CC グロウ」の特徴

3種類のカラーで肌色補正

「メテオリット CC グロウ」は肌の色調の補正をしてくれるハイライター。同時にメリハリも出してくれる効果もあります。

カラー展開は3種類。それぞれ、肌悩みにあわせて補正するターゲットが異なります。

アプリコット:クマやシミなどの色ムラをカバーしてくれます。
グリーン:頬や小鼻の赤みを抑え、透明感を出します。
ピンク:くすみを払って、血色のいい肌を演出してくれます。

使い方

アプリコット:目の上下、リップの輪郭など、影のある部分に塗ってふっくら見せます。
グリーン:頬や小鼻に塗って赤みを抑えます。
ピンク:おでこ、頬骨の高いところ、鼻のキワなどに使います。

気になる部分に1色でもOK、3色全てを使ってお顔全体の色調を補正してもいいでしょう。

▼アプリコットカラー

▼グリーンカラー

▼ピンクカラー

気になるシミを隠してくれるコンシーラー

実際に「ゲラン メテオリット CC グロウ」の「アプリコット」を使ってみました。

▼手のひらにすっぽり収まるサイズの筆ペン型コンシーラー。

▼キャップをはずすと、筆ペンタイプになっています。

▼ペン先とは反対の部分をカチカチ回して使います。写真の右の部分を回すと…

▼ペン先からコンシーラーが出てくる仕組み。

かなりのシミも隠してくれるコンシーラー

今回使ったカラー、アプリコットはシミや色ムラを自然にカバーしてくれるということで、恒例のボールペン実験をしてみました。

▼手の甲にボールペンで書いた線も…

▼指先でトントンとなじませるようにすると、肌に自然になじみました。かなり隠れます!

ゲラン「CCグロウ」と「プレシャスライト」の違い

ゲランのペンタイプのハイライターの定番アイテム「プレシャスライト」、すでにお使いの方も多いと思います。

今回は、「プレシャスライト」と「CCグロウ」(アプリコット)を比べてみました。

▼手前のCCグロウのほうが大きく写っていますが、実際は同じサイズです。

比べてみると、「CCグロウ」(アプリコット)のほうがテクスチャーがしっかりしていて色が濃く、シミをピンポイントでがっつりと隠してくれる感じ。どちらかというと、コンシーラーに近い使い心地です。

一方「プレシャスライト」は、ハイライターとして気になる部分に光を加えてシミを目立たなくし、色ムラを補正する感じです。

 

 

▼「プレシャスライト」については、こちらの記事もあわせてどうぞ。
ゲラン「プレシャス ライト」はカバー力高めのハイライター

まとめ

ゲランの筆ペンタイプのコンシーラー、ピンポイントでシミを隠すなら「メテオリット CC グロウ」のアプリコットを、薄いシミを目立たなくするのは「プレシャス ライト」がオススメ。

また、「メテオリット CC グロウ」のアプリコットは、シェーディングとして使う人も多いんだとか。

「メテオリット CC グロウ」と「プレシャス ライト」2本そろえて使い分けすれば、完璧な肌色が完成しますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LULUの最新情報をお届けします