2016年4月15日 メークアップ

メイクブラシのせいかも!? メイクが肌荒れの原因に?

shutterstock_317440271

フェイスパウダー、アイシャドウ、チーク…メイクにはいろんなブラシを使います。このブラシ、こまめにお手入れしてますか? 「買ってから一度も洗ってない」そんなあなた、もしかして、ブラシが雑菌だらけかも!!

メイクブラシで雑菌を培養!?

shutterstock_284422616

直接肌にあてて使うメイクブラシ。一度使っただけで、皮脂や汗が付着します。ここに菌やカビが寄ってくるんです。そんな汚れのついたブラシを、洗面所などの湿気たっぷりの場所に置いていたら…想像するだけで恐ろしいですね。

この雑菌が、ニキビや肌荒れなど、肌トラブルを引き起こしているかもしれません。

汚れたブラシは、「無水エタノール」で洗浄

重要なのは「ブラシを清潔に保つこと」です。

普段からフェイスパウダーのブラシは、使い終わったらティッシュで余分なパウダーを拭き取ってからケースにしまいましょう。

ブラシを顔に当てた時「ちくっ」と感じたら洗い時。ドラッグストアなどで売られている無水エタノールをガラスの器などに出して、ブラシを優しく浸します。

ちょっとブラシを動かしただけで、ブラシの奥にたまっていたパウダーが落ちます。汚れがひどいようなら、汚れた液体を捨て新しいものに変えてもう一度。びっくりするほどキレイになりますよ。

洗い終わったら、ティッシュで軽くおさえて風通しのいい場所で影干し。ブラシスタンドに立てると、ブラシの奥がなかなか乾かないので、寝かせておくのがオススメです。

肌触りのいいメイクブラシを長く使うためにも、丁寧なお手入れを心がけましょう。キレイなブラシで、キレイなメイクをしたいですよね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LULUの最新情報をお届けします