2017年1月11日 メークアップ

この手があったか!チークを左右均等につける方法

               

左右均等に入れられないのが、チークの悩み

shutterstock_195344219

メイクの出来を大きく左右するチーク。

左右均等に入れたいけれど、どうしてもうまくいかないってことありませんか?

片方のチークを入れてブラシを綺麗にしてからもう片方を入れたつもりでも、微妙に濃さが違う。
普段と違う場所でメイクして、外に出て見たら「あれ?」。

私はそんなことがよくあるんです。

それが、この方法にしたら上手にチークが入れられるようになりました。

上手に入れるためには、クリームチークを使う

img_8338

たまたま気になって買ったクリームチーク。最初はパウダーのチークと同じように、指先にとって片方ずつ塗っていました。

が、どうしても左右均等の濃さにならない…。

そこで、ややヤケになってやってみた方法がこちらです。

両手を使ってチークを入れる

そうです、片方ずつ塗るから濃さが変わってしまう。それなら両方いっぺんにやってみればどうだろうと思ったんです。

入れ方は3ステップ

片手の指先にチークをつける

▼まず、片手の指にクリームチークをつけます。

img_8339

このように、指をぐりぐりっと押し当てて少し多めにつけます。

▼こんな感じです。

img_8340

両手の指の腹と腹を合わせる

続いて、チークをつけた指と反対の手の指を合わせます。右手の人差し指にチークをつけたなら、左手の人差し指と合わせます。

▼こんな感じです。

img_8341

そして指先同士をくっつけたまま、再びグリグリ。

▼すると、こんな感じになります。

img_8342

両手についたチークの量がだいたい同じになったら準備OK。

頬に指を乗せてトントン

最後にその指を頬に乗せ、軽くトントンと叩くように広げていきます。

img_8343

ポイントは、左右の頬の同じ場所に乗せて、両サイドが対称になるように指を動かすことです。

img_8344

だいたい色がついたら、チークのキワを叩いてぼかします。

img_8346

これで完成です。

img_8347

この方法、簡単なだけでなく、時間もかなり短縮。朝の忙しい時に簡単にチークが入れられるので、我ながら気に入っています。

クリームチークを指につける量を調節して、自分にぴったりの濃さを見つけてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LULUの最新情報をお届けします