2021年8月14日 ボディ&ヘア

感動!自宅でサロン級の髪質改善 オラプレックスNo.0 インテンシブボンドビルディングヘアトリートメント

               


現代人の髪の毛は、カラー、ブリーチ、パーマ、白髪染めなど常に何かのダメージにさらされています。

一度傷んだ髪の毛は髪の内部組織が破壊されてしまうため、全く元通りになることはありません。そのため、日々のケアが大切になってくるのです。

毛髪本来の美しさを保ってくれる「オラプレックス」とは

2018年2月に日本初上陸したオラプレックス。Instagramで知ったり、美容室ですすめられた方も多いのではないでしょうか。カラー、ブリーチ、パーマといったダメージを抑え、毛髪本来の美しさを保ってくれるサロンアイテムです。

どうして髪の毛が痛むのか

そもそも、毛髪や爪の主な成分はケラチンで出来ています。ケラチンとは、18種類のアミノ酸が結合してできたタンパク質の一種で、弾力性があり、水分を含む繊維状の細長いタンパク質です。

髪の毛のケラチンにはイオウ(元素記号S)が二つ繋がったアミノ酸「シスチン」が多く含まれています。このケラチン同士が結びつくことを「シスチン結合(ジスフィルド結合)」といい、この結合によって弾力のある丈夫な毛髪が作られているわけです。

例えば髪の毛にパーマがかかるのは、このシスチン結合(ジスフィルド結合)をいったん切ってからウェーブをつくように調整し、再び結合させて固定しているから。

ところが、一度切った結合がすべて再結合されるかというとそうもいかないんです。

また、パーマだけでなく、ブリーチ、カラー、日常生活でのダメージでも、このアミノ酸同士の結合は切断されてしまいます。

結合が外れてしまったものをシステイン残基と言い、そのままにしておくと髪の毛のダメージの元となるシステイン酸(酸化によるたんぱく変性)になってしまいます。一度システイン酸が生成されてしまうと、分解することができなくなってしまうのです。

オラプレックス独自のダメージケア成分「ジマレイン酸」

オラプレックスのアイテムには、「ジマレイン酸ビスアミノプロピ ルジグリコール」という成分が含まれているのが特徴。この成分が、切断されたシスチン結合(ジスフィルド結合)を再結合し、システイン酸を抑制してくれます。

このジマレイン酸を使う世界初の特許技術がオラプレックスに搭載されている「ボンドサイエンステクノロジー」。切れてしまったアミノ酸同士の結合を「再結合」することによって、毛髪本来の強度を取り戻すことができるという仕組みです。カラーやパーマによって傷んだ髪も、サラッとした手触りにしてくれます。

今回は、そんなオラプレックスのヘアケアシリーズの中から、シャンプー前のスペシャルケア「OLAPLEX No.0 インテンシブボンドビルディングヘアトリートメント」をご紹介します。

シャンプー前に使う「No.0 インテンシブボンドビルディングヘアトリートメント」

オラプレックス No.0 インテンシブボンドビルディングヘアトリートメントは、シャンプー前に使う、洗い流すトリートメントです。

オラプレックス独自のジマレイン酸が、髪の内側のたんぱく質にアプローチ。髪のダメージをより強固に補修してくれます。

全ての髪質の方へ。

使用方法

週に1~2回使います。

  1. 洗髪前の乾いた髪に、ダメージが気になる場所を中心につけ、3~10分ほど置きます。できれば5分以上、10分置くといっそう効果が高まります。使用量の目安はショート 15ml 、 ミディアム 25ml 、 ロング 35ml~です。
  2. 3〜10分置いたら軽くすすぎ、シャンプー、コンディショナーへとすすみます。

※スタイリング剤を使っていると成分が髪に行き届きづらい場合があるので、軽く洗い流してからタオルドライをして、塗布することをおすすめします。

No.0 インテンシブボンドビルディングヘアトリートメント【ハイダメージヘアに使ってみた】

LULU編集部イチのハイダメージヘアの私が、No.0 インテンシブボンドビルディングヘアトリートメントを使ってみました。

155ml入りなので、そんなに大きくありません。ロング&ボリュームMAXな私だと3〜4回で使い切ってしまいそう。

ボトルの口は小さな穴になっていて、めちゃくちゃ細ーく液体が出る仕組みです。

トリートメント自体はサラサラの液体なので、手に出してから塗るのはほぼ不可能😂 ボトルから直接髪につけるのが一番効率よくつけられます

私は分量を測りたいので計量カップに出してしまいましたが、ボトルから出してしまったことを激しく後悔…。つける分量を知りたい方は、ボトルの横におおよその目盛りを書き込んで、どのくらい使ったか把握するのがいいと思います。

気になる香りはほとんどありません(私は感じられませんでした)。

使用感を確かめるため髪の毛半分だけ塗布、その結果は!?

使い心地を確かめるため、まずは髪の毛の左半分だけにつけてみました。

サラサラした液体がボトルから細く出てくるので、パサツキMAXの髪の毛には塗ってる実感が全然ありません😭 ”わずかに湿ってる?かな?”という感じ。

使用量の目安が「ロング 35ml(全頭)」ということだったので、自らの毛量を考えてちょっと多めの20ml弱を半頭に使用しました。

分量を全て塗布しても特に毛髪には変化なし。”こんな感じで本当に効果があるんだろうか”と、この時点では半信半疑でしたが、ひとまず10分そのまま置いてみました。

わずかに湿った感じだった髪の毛も、10分経つと何事もなかったような元通りのパサパサゴワゴワ。疑いながらも、とりあえず洗ってみることにしました。

シャンプーの時の手触りが違う!?

まずは髪の毛についているNo.0 インテンシブボンドビルディングヘアトリートメントを、お湯で軽くすすぎます。

この時点で、指通りが違うことに気づきました。なにもつけていない右側と、トリートメントをつけた左側の手触りが違う。左側のほうがスムーズに指が通ります!!

徐々に期待が高まる中、いつも通りにシャンプー、トリートメントを行います。うん、やっぱり左右の指通りが全然違う…!

タオルドライして、ドライヤーで乾かしてみました。

超絶クセの強い私の髪なので、写真や動画ではわかりづらくて恐縮ですが…トリートメントした側としていない側のパサツキが明らかに違います。

何もしないとパサついてクセも強く出るのですが、トリートメントした側は指通りが滑らか(当社比ですが😂)で、髪の毛がしっかりしている感じ。パサつきが抑えられて髪に重みが出た分、クセが伸びて髪の毛のおさまりが改善されているような気がしました。

数回使用してみた、その後

髪質の変化の感動を抑えきれず、翌日右半分にも使ってみました。

やはり、髪の毛のハリやコシが違う! これまでパサついて重量のなかった毛髪が、1本1本しっかりとした気がします。

週に1、2回の使用が好ましいということで、3日置いてから待ちきれずに2回目のトリートメントを行いました。

すると、今度は毛髪の強度がさらに増した気がしました。というのも、普段からドライヤーの後にはストレートアイロンでがっちりクセを伸ばしているんですが、トリートメントを使いはじめてから、アイロンをかけた時に髪の毛がぷちぷち切れるのが減ったんです。髪の毛1本1本が強くなって弾力が増したからなのではないかと思います。

私の場合は超難ありダメージ毛に使った結果ですが、髪の毛のハリコシ弾力不足を感じる方にも嬉しいトリートメントなのではないでしょうか。

使うごとに感動が味わえるので、まずは1本、使い切ってみてほしいです!

▼動画でもご紹介しています。

No.3 ヘアパーフェクターとの併用で、さらに理想の髪へ

今回ご紹介したのは、毛髪の内部に働きかけるトリートメントですが、オラプレックスのアウトバストリートメント「No.3 ヘアパーフェクター」は、髪の外側の補修を目的とするトリートメントです。

No.0 インテンシブボンドビルディングヘアトリートメントと合わせて使うと、よりいっそう理想の髪へ近づきます。

No.0をつけた後、重ね付けでNo.3を塗布、5分以上おいてから軽くすすいでシャンプー、コンディショナーをします。こちらもぜひあわせてどうぞ。

オラプレックスのアイテムはサロン専売品なので、お近くで買えない方も多いと思います。アイビューティーストアーでは送料無料で購入できるので、サロンまで買いにいけない時にも強い味方になってくれますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LULUの最新情報をお届けします