2017年7月24日 ネイルケア

2017年注目!初夏のフットネイル旬デザイン7選

               

 

夏は素足で過ごす機会が増える季節です。

この夏は足先まで抜からずに旬のフットネイルで施してオンナ度を上げておきたいですね。今回は初夏に取り入れたいトレンドデザインのフットネイルをピックアップしてみました!

今年大流行のテーマを足元に!「ペイズリー柄」


今年服でも大流行中のペイズリー柄は、初夏のフットネイルでも注目の柄です。日本では勾玉模様と呼ばれていて、インドが植民地だった時代にイギリスにもたらされました。

それ以来、目立つのに上品なペイズリー柄はいろいろな小物に使われてきました。この夏はぜひ足元にも流行のペイズリー柄のフットネイルを施してみましょう。

夏と言えばこれ!マリンテイストが簡単に作れる「ボーダー柄」

夏定番のボーダーは今年も人気がある模様です。ボーダーはセルフネイルもやりやすい上、色の組み合わせで足元の雰囲気を大きく変えられます。

夏らしくするには、ブルー系やさわやかなイエローやオレンジ系がおすすめ。また、1本ずつボーダーを色違いにするのも華やかで素敵ですよ。

ほかの模様とも組み合わせやすくアレンジが利くので、ボーダーの上からビジューやストーンを乗せてゴージャスにしたり、シンプルなワンカラーネイルのポイントとして親指だけをボーダーにしたりするデザインも人気です。

さわやかでキュートな「レモン柄」

初夏のさわやかな陽気にぴったりなのが、キュートなレモン柄です。今年の夏はバナナやサクランボ、レモンなどのフルーツをモチーフにした小物や衣装が流行中!

キュートなモチーフですが、大人の女性にも取り入れやすい華やかさがありますよ。

ボタニカルな風合いを出せるので、ワンポイントとしてレモンを取り入れてみると、足元が一気に夏らしくトレンド感のある印象になります。

レモンのイエローと相性がいい、ブルーやグリーン、ホワイトカラーを取り入れるのもおすすめです。

透明感が夏らしい「ガラスネイル柄」

ガラス寝椅子はガラスの破片を全体にちりばめたような、キラキラとした透明感のあるネイルデザインです。透け感があるので風鈴のように涼し気な印象な夏の空気にぴったり。

実はガラスネイルはむずかしそうなイメージがありますが、必要な道具は100均でも購入できるパール折り紙があればOK!

作り方や折り紙をガラスの破片のように三角形にカットして、ベースカラーを塗った上に貼り付けて、トップコートでコーティングするだけです。

いつも似たようなフットネイルデザインになっているとお悩みの人も、パール折り紙を追加するだけで旬っぽさ満点のデザインに仕上がるので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

刺繍トップスと合わせたい!「刺繍ネイル柄」

今年トレンドの刺繍トップスに合わせて、フットネイルも刺繍柄を取り入れるのが人気になっています。

刺繍はぷっくりとした立体感がカジュアルでかわいらしさがありますが、フットネイルでもできるだけ立体感が出るよう3Dアート風に作るのがおすすめ。

刺繍がしっかり目立つように、ベースカラーとは反対色で花と葉を描きましょう。

定番人気は白ベースに赤の花や、ネイビーベースにホワイトの花など、どんなスタイルにも無理なく合わせられるのにしっかり存在感があるデザイン。

また、ネイルらしくあえてやわらかいピンクとホワイトの組み合わせで、ヌーディーな刺繍デザインにするのも個性的でGOOD!

迷ったらこれ!ずっと定番の水玉がかわいい「ドット柄」


ボーダーに続いて毎年夏の定番のネイルモチーフであるドット柄は、今年の初夏も外せない柄です。ドットと一口に言っても、大きさやならべ方を変えるだけで大きく印象が変わります。

夏らしさを出すには、ホワイトやブルーを取り入れるのがおすすめです。また、ドットを重ねたようにデザインすると子供っぽくなりすぎず、透明感のある印象になりますよ。

ドット一つ一つのカラーを変えてもおしゃれですし、ストーンやシールを等間隔に並べてドット柄を作る方法もあります。

ドットはほかの模様とも組み合わせやすいので、ボーダーと交互にデザインしたり、レモン柄とセットにしたりして、トレンド感のある足元を作ってみてはいかがでしょうか。

今年大注目!カジュアルなのにエレガンスな印象の「デニム柄」

 

kanon_nail

 

*デニムと刺繍アート*

2017年6月15日 19:49

今年の夏流行しつつあるのが、カジュアルなデニム柄です。デニム柄のフットネイルは、ブルー系のネイルに一工夫してデニムの洗い目の風合いを再現したデザイン。

通常のネイルとは一味違ったテイストと、ブルーカラーが足元を引き締めてクールに見せてくれるので、この夏はぜひチャレンジしてみましょう。

自分でネイルするにはむずかしそうなデザインですが、スポンジを使えば初心者さんでも無理なくデニムの風合いを作れます。

やり方は、まずべーずカラーの白のポリッシュを塗っておき青いカラーが発色しやすい土台を作ります。

次に薄い水色のカラーを全体に乗せていき、スポンジに濃いブルーのマニキュアを軽く吸い込ませて、爪にポンポンと軽く叩いて色付けしましょう。

スポンジの目の粗さを活かすことで、あのデニムの風合いを手軽に再現できますよ。

あえてトップコートで仕上げず、そのままかすれたテクスチャにすると、よりデニムっぽさが作れます。上からラインストーンやシールを使って、自分好みにアレンジできるのもデニム柄フットネイルの魅力ですね。

今年の流行りは「思い切ったデザイン」

今年の初夏は元気が出るフルーツ柄や、透明感のあるガラス柄、そしてデニム柄など夏をイメージするようなデザインを思い切り取り入れたフットネイルが人気です。

足元が素足になる時期だからこそ、足の爪までしっかりおしゃれを忘れないでおきたいですね。

セルフネイルでできるデザインがほとんどですので、ぜひこれからの季節に向けて挑戦してみてはいかがでしょうか。


O.P.I OPI NL F90 No Tan Lines(ノータンラインズ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LULUの最新情報をお届けします