2017年1月9日 メークアップ

黒・茶系はもう古い!超絶キュートな「新・囲み目メイク」

               

目のふちを濃い色で強調したアイメイク、キリッとして魅力的ですよね。 でも、今年はちょっぴり古臭い印象を受けるかもしれません。今回はナチュラルなのに印象度がアップする、最新の【囲み目メイク】をご紹介します。

茶・黒での囲み目メイクはもう古い

shutterstock_247596934

今までの囲み目メイクは、茶・黒・グレーなどで目の周りをふち取るのが定番でしたよね。 でも、それだと目元がきつい印象になるし、男性受けもあまりよろしくありません…。 目元を印象付けようと頑張りすぎて、かえって目を小さく見せてしまうことも。

アイラインを使わない、薄めのアイシャドウで仕上げる最新の囲み目メイクなら、 ナチュラルなのに印象的で、くりっとした目元を目指せちゃいます!

明るい色をチョイス


下地は明るめのベージュを選ぶのがポイント。 細かいパール入りものなら、くすみが取れてアイシャドウの発色もよくなります。

今冬は艶感のあるメイクが人気なので、下地にアイグロスを使うのもおすすめです。 アイシャドウは肌なじみのよいオレンジがベスト! 重ねても派手にならないですし、外国人風の奥行きのある目元になれます。

目じりから目頭まで薄く乗せ、下まぶたの目じり側だけ濃い色を入れれば、最新囲み目メイクの完成。

二重の人は二重部分、一重、奥二重は目を開けて2〜3㎜みえる範囲に濃い色入れましょう。 どうしてももの足りないときは、茶系のアイラインを引くとよいでしょう。 オレンジとの相性もよく、自然に目元を際立たせてくれますよ。

囲み目メイクは、下まぶたがキーポイント

下まぶたにも、同じアイシャドウを目じりから目頭までのせ、目じり側に濃い色をもってきて全体を引き締めます。 すべてを薄い色にしてしまうと、目元が腫れぼったい印象になってしまうので注意! カラーに抵抗があるかたは、はじめは下まぶたにのせるだけでもOK。 それだけで目元のガラッとかわりますよ。

目元を美しく印象的に見せたい!その願いはいつの世代もかわりません。 新定番の囲み目メイクで、トレンド感をおさえた魅力的な目元を手に入れましょう♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LULUの最新情報をお届けします