揺れる二の腕を何とかしたい!自宅で簡単トレーニング

               

二の腕のたるみは太って見える原因に

shutterstock_415752487
二の腕がたるんでいると、実際の体型よりも太って見えやすく、おばさんのような印象を与えてしまいます。この二の腕のたるみを解消するには、どんなトレーニングが有効なのでしょうか?

今回は自分で手軽にできる、二の腕トレーニング法をご紹介します。

二の腕トレーニングの方法は?

二の腕の筋肉は全面が上腕二頭筋、後ろが上腕三頭筋で構成されています。特に二の腕のたるみが起きるのは上腕三頭筋が不足しているのが原因。この上腕三頭筋を鍛える二の腕トレーニングで、二の腕のたるみを解消しましょう。

腕を後ろに大きく持ち上げるトレーニング

  1. まっすぐに立ったら、両腕を後ろに伸ばして限界まで持ち上げましょう。
  2. 持ち上げたままの姿勢で、3〜5秒間キープしておろします。

これを10回程度行うことで、上腕三頭筋を動かして鍛えることができますよ。胸が前に出過ぎたり、猫背になったりしないように姿勢をまっすぐにするのがコツです。

椅子を使った二の腕トレーニング(リバースプッシュアップ)

shutterstock_428913664

  1. 椅子に背中を向けて、腰掛け部分に両腕を乗せます。
  2. 腕は肩幅まで広げて、ヒジが90度に曲がるように座ります。
  3. この姿勢から、二の腕に負荷をかけつつお尻を持ち上げましょう。

両腕に全体重をかけるイメージで、しっかりとお尻を持ち上げてください。また、肘を伸ばしたままで体を持ち上げるとケガをしやすいので、ゆっくり無理のない範囲でおこなってくださいね。

腕を組んでキープするトレーニング

  1. 両方の手のひらを上下に重ねます。
  2. 下においた手は上に向かって、上に乗せた手は下へ向かって力を入れましょう。
  3. 2を10回したら、手を組み替えて同じ動きを行いましょう。

このトレーニングを一日3セットすることで、手軽に二の腕を鍛えることができます。お互いの手を押し合うだけという手軽さなので、テレビを見ている最中や仕事のちょっとした休憩時間でも取り組めますよ。

二の腕のたるみを減らすには、毎日筋肉に負荷をかけて継続していくことが大切です。自分の体力や体調に合わせた負荷を選んで、二の腕トレーニングを続けていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LULUの最新情報をお届けします