2021年3月27日 メークアップ

HOURGLASS(アワーグラス )日本未発売の「お肉チーク」アンビエントライティングブラッシュ

               

神の粉と呼ばれるブランド、アワーグラス(HOURGLASS)

アワーグラス(HOURGLASS)は、ハイライターやブロンザー、チークなど、粉ものが人気のブランド。そのシルキーで繊細なお粉は「神の粉」と呼ぶファンもいるほどです。

そんなアワーグラスが誕生したのは2004年。Carisa Janesによってロサンゼルスを拠点に設立され、現在200か国以上で展開されています。…なんですが、残念ながら日本には未上陸。海外美容系YouTuberのレビューを見て、なんとかゲットしたいと思った方も多いのではないでしょうか。

アワーグラスを代表するパウダーライン「AMBIENT™ LIGHTINGシリーズは、2016年のVogueが選出するベストコスメ” Vogue 100 Beauty Hall of Fame in 2016”に選出され、Madonnaなどのセレブにも支持されているそうです。

vegan向けの製品を提供するcruelty-freeブランド

アワーグラスは、すぐれたテクスチャーを実現するだけでなく、流行をキャッチしたモダンなカラー展開、スタイリッシュなパッケージで、高いアート性を表現。

それだけでなく、パラベン、硫酸塩、香料、タルク、ナノ粒子、グルテン不使用で、vegan向けの製品を提供。原材料テスト段階で動物実験を一切行わないcruelty-freeブランドでもあります。

「お肉チーク」と呼ばれて人気のアンビエントライティングブラッシュ

そんなアワーグラスの「AMBIENT™ LIGHTING」シリーズの中で、「お肉チーク」と呼ばれて話題なのが、アンビエントライティングブラッシュです。

肌へのライティング効果としてのハイライトカラーと、チークのモダンなカラーを組み合わせたハイブリッドチークで、肌に自然な輝きと立体感を与えてくれます。

チークカラーにハイライトカラーがマーブル状に混じっていて、たしかに見た目がお肉みたいですよね🍖

アンビエントライティングブラッシュ【使ってみました】

LULU編集部員の私(40代・女性・混合肌・ブルベ夏)がアワーグラス アンビエントライティングブラッシュを使ってみました。

ゴールドのスタイリッシュな外箱です。

今回使ったのは、VIVID FLUSHというピンク系カラー。

コンパクトもゴールド。黒字でシンプルに刻字されたアワーグラスのブランド名がクールな感じです。

チークカラーとハイライトカラーがマーブルになっていて、このカラーでもちょっとお肉感がありますね✨

とにかく繊細なパウダー

ちょっと指先につけてみるとすぐにわかるのですが、とにかくパウダーが細かくて繊細。スルッと肌につくので、あまり「粉」という感じがしないんです。

肌につけてみると、そのツヤ感にうっとり。

チークとしてのカラーは軽めですが、ブラシにたっぷりとって肌につけるとしっかりと発色します。

ハイライト効果があるのに毛穴落ちなし

ハイライト効果のあるお粉をつけると毛穴落ちしてかえって汚く見えてしまうことがあるんですが、私がこのアンビエントライティングブラッシュを使って、毛穴落ちすることはありませんでした。

チークカラーに不思議なほど、ほどよいハイライト効果がプラスされて、頬にみずみずしい立体感が出て見えるんです。

お値段は少々高めですが、サイズも大きめでたっぷり。この使い心地を知れば、決して高いお買い物ではないな…と思いました。

メイクするたびに「ああ、早くチークをつけたい❤️」と思うアイテム、長らくシャネルのジュ コントゥラスト一筋だった私の、新しい定番チークに仲間入りしそうです。

▼動画でも紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

 

アワーグラス(HOURGLASS)アンビエントライティングブラッシュ# Vivid Flush¥6,140
https://www.ibeautystore.com/products/1047669

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LULUの最新情報をお届けします