あなどれない!馬油・熊油・兎油… “動物系”ケアオイルの効果がスゴイ

               

馬の油脂を原料とした”馬油”。「聞いたことがあっても、使い方や使い心地はわからない」という人も多いのではないでしょうか?しかし実は最近、美肌美髪といったその高い美容効果が注目されているのです。

shutterstock_172795535

そもそも馬油って?

馬油は”たてがみ”などの皮下脂肪を使ってつくられた動物系ケアオイルで、奈良時代に中国から伝わり、古くはやけどの特効薬として親しまれていたとか。人間の皮脂にとても近い性質と浸透力が特徴で、肌に塗るとすぐにスーッと染み込んでいくのがわかります。

馬油はどう使うのが効果的?

肌なじみのいい馬油は、保湿効果が抜群。気になるシワに塗るのはもちろん、洗顔に使ったり、化粧水の浸透をよくするブースターとしての役割も果たしてくれます。さらに、ヘアケアマツイク効果にも期待!

肌がぷるぷるになる”保湿洗顔”

shutterstock_173362472

洗顔時には乾燥が気になるものですが、馬油を使った”保湿洗顔“なら洗い上がりはぷるぷる。馬油には殺菌・抗酸化作用があるといわれているので、洗顔料としても優秀なのです。

保湿洗顔の手順

  1. 馬油を手に取って少し温め、顔全体に塗る
  2. 指の腹で軽くマッサージをしたら、5分ほど放置
  3. コットンなどで軽くふく
  4. お湯で洗い流すか、べたつきが気になるなら泡洗顔をする

化粧水のブースターとしても

洗顔後にまず馬油を塗ると、その上からつけた化粧水の浸透力がアップ!ほうれい線、目元の小じわ、唇の乾燥などの緩和にも効果的です。

頭皮・髪の毛にも使える

頭皮のマッサージや、ヘアケアにも使える馬油。頭皮マッサージに使えば乾燥が防げるほか、血行が促進されて抜け毛予防にも!

頭皮マッサージの手順

  1. 髪を丁寧にとかす
  2. 頭皮に馬油をなじませ、指の腹でマッサージする
  3. 蒸しタオルで頭を覆い、10分ほど放置
  4. 軽く洗い流したのち、普段通りに髪を洗う

また洗髪後、髪を乾かす前に馬油を塗れば、ドライヤーの熱によるダメージを抑え、さらに髪にツヤを与えてくれます。

まつ毛にも使える

shutterstock_225288895

綿棒に馬油をとり、まつ毛の根元に塗るとマツイク美容液としても大活躍♪ 肌と同様、日々のお手入れにプラスしてみましょう!

熊油や兎油も!動物系オイルは超優秀

馬油に加えて、熊油兎油などの動物系ケアオイルもチェックしておきたいところ。馬油と比べると若干手に入りにくいですが、効果は馬油を超えるとも。体のあらゆるところに使え、抗アレルギー効果もあるといわれています。

おばあちゃんが使っていそうなイメージのあった馬油などの動物系ケアオイルですが、実は見逃せない美容効果がたくさん!オイルそのもののほか、シャンプーや塗りやすいクリータイプも登場しているので、まずは手軽に試してみましょう!

ロイヤル馬油

cream

マスターピース 馬油バスジェル

soap

トニーモリー プレミアムRX馬油ハイドロゲルマスク

mask

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LULUの最新情報をお届けします