ギノー ロング ヴィ セルレール 定番のデイ・ナイトクリームで肌にとぅるんと潤いを

               

フランスのエステティックブランド「ギノー(GUINOT)」

ヨーロッパ、フランスで絶大な人気を誇るプロフェッショナル スキンケアブランド「ギノー(GUINOT)」。

1930年に、ルネ・ギノー博士がガルバニック電流によるディープクレンジング効果と有効成分のイオン導入効果を発見、1963年にルネ・ギノー社設立。1990年には、フランス国内でエステティック化粧品のナンバーワンブランドとして認められました。

現在は世界76カ国で展開する、美容サービスのトップブランド。医学的知識と科学的知識の両方からアプローチした、オリジナルの化粧品を多数展開しています。

今回は、そんなギノーの定番のデイ・ナイトクリーム「ロング ヴィ セルレール」をご紹介します。

ギノーの定番のデイ・ナイトクリーム「ロング ヴィ セルレール」

ギノーを代表するオリジナル成分「セルラーライフミディアム」。アミノ酸やビタミンなど、ダメージを受けた肌を活性化させ、癒してくれる、56種類の有効成分を配合したものです。

この「セルラーライフミディアム」を最初に配合したアイテムで、20年以上にわたり世界で愛されているのが、ギノーの定番デイ・ナイトクリームクリーム「ロング ヴィ セルレール」です。

年齢肌に悩む、全ての肌タイプ向け。軽いテクスチャーで、少量でもよく伸びます。

使い方

朝と夜、ローションと美容液で肌を整えた後、適量を顔全体になじませます。

ロング ヴィ セルレール 使用感レポート

LULU編集部員の私(40代・女性・混合肌/ブルベ夏)が ロング ヴィ セルレールを使ってみました。

容器はずっしりと重厚感のあるガラス製、蓋は軽いプラスティック製。

中に入っているのは真っ白なクリーム。数種類のお花がブレンドされたような、こっくりとしたフローラルの香りです。

テクスチャーはほどよく緩め、さっと伸びてくれるクリームです。

肌の上で伸ばすと、すぐに浸透します。

1回の使用量はパール粒くらいでOK

エイジングケアのクリームと聞くと、ついついたっぷりと顔につけたくなりますが(笑)、1回の使用量はパール粒くらいで大丈夫。顔全体に薄く伸ばすようにして密着させます。

実際使ってみると、ちょっと油分が多めに感じられるテクスチャーで、こっくりしっとり潤うイメージ。でも、肌表面はベタベタしません。

乾燥が気になる時は少し多めに、テカリが気になる時期は少なめにつけるなど、季節によって量を調節するといいかも。

朝の肌がとぅるんと潤う

夜塗って寝ると、翌朝の肌はとぅるん♪   肌を内側から潤わせてふっくら見せてくれるように感じました。

また、朝のメイク前の肌に使っても、しっかり浸透させてからメイクすればメイク崩れはナシ。

吹き出物をケアするためのクリームではありませんが、使い続けるうちに肌が元気になり、吹き出物などが出にくくなった気がしました。

(※使用感には個人差があります)

まとめ

「ギノー ロングヴィセルレール」は

  • 56種類の有効成分を配合したダメージを受けた肌を活性化させ、癒してくれるクリーム
  • 朝晩どちらも使用できる
  • 少量で顔全体に伸ばせるので、コスパよし
  • 肌にしっかり潤いを与え、肌の働きを元気にしてくれる

というクリームです。

お肌の手入れの最後の仕上げにオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LULUの最新情報をお届けします