2018年8月30日 ボディ&ヘアメークアップ

話題のメイクスポンジ、ビューティーブレンダーの種類と大きさ比較

 

メイクの仕上がりを大きく左右するもの、それはメイクスポンジ

LULU編集部員の私(40代・女性・混合肌)もかつては「指先でトントンが一番!」と思っていましたが、いろいろなスポンジを試すようになり、このスポンジに出会ってからは、「スポンジが一番」と思うようになりました。

それが、以前編集部でもオススメした、ハリウッド生まれのメイクスポンジ「ビューティーブレンダー」です

ビューティーブレンダーを使うと、驚くほど簡単に、ファンデーションをムラなくつけることができるんです。

ビューティーブレンダーの特徴と使い方

ビューティーブレンダーの特徴

アメリカで大ヒットしている卵型のスポンジ!

角がないことで、顔の面だけではなく、きれいに仕上げにくい顔の溝やカーブのメイクもしっかり仕上げることができます。

先端部分は目の下や鼻、口もとなど細かい部分に使用し、底の部分は頬など広い部分に使用するのに適しています。

ファンデーション、コンシーラー、アイシャドウ、チークなど、パウダー・リキッドどちらのタイプにも使えます。

水を含ませると2倍ほどの大きさに膨らみます。

アイビューティーストアー商品説明より

 

ビューティーブレンダーの使い方

ビューティーブレンダーにたっぷりと水分を含ませてから固く絞り、軽く表面の水気をタオルなどで拭きます。

そのあと、ファンデーションなどを直接ビューティーブレンダーに取ります。

▼肌の上にトントンと優しく置いていきます。

▼肌になじませます。

▼リキッドファンデーションがぴったり密着、毛穴も綺麗に隠れました。

▼こちらの記事でも、使い方を詳しく紹介しています。

【ビューティーブレンダーで簡単にツヤ肌ゲット!正しい使い方を伝授します】
https://fun.ibeautystore.com/article/3688

目的別にそろう4種類のビューティーブレンダー

そんなビューティーブレンダー、実はたくさんの種類が出ているんです。

大きく分けると4種類がリリースされています。

  1. 顔用の「ブレンダー」
  2. チーク用の「ブラッシャー」
  3. 目元、小鼻のキワ用の「マイクロミニ」
  4. ボディ用の「ボディブレンダー」

さらに同じシリーズでも、素材感や色の違うものがあります。

顔用「ビューティーブレンダー」は目的別に3種類

顔に使う「ビューティーブレンダー」は、目的別に3種類出ています。

プライマー、ファンデーション、パウダーのための定番「ビュティーブレンダー」

ビューティーブレンダー Beauty Blenderプロ
https://www.ibeautystore.com/products/1042271

全長7センチほどのピンクの「ビューティーブレンダー」は、最もベーシックなスポンジ。
プライマー、ファンデーション、パウダーに使えます。BBクリーム、CCクリーム、コンシーラーにも適しています。

カラーはピンクの他に、限定カラーとしてヌード、レッドカーペット、ローヤル(パープル)があります。

下地からベースメイクまで使える  黒い「ビューティーブレンダープロ」

ビューティーブレンダー Beauty Blenderプロ
https://www.ibeautystore.com/products/1042271

下地などベースメイクやブロンザー、セルフタンニングなどの使用に適しています。プロフェッショナル御用達のシェイプです。

スキンケアやナチュラルメイクに使える「ビューティーブレンダーピュア」

ビューティーブレンダー Beauty Blenderピュア
https://www.ibeautystore.com/products/1042271

美容液、保湿液、アイクリーム、洗顔などのスキンケアに、もしくはナチュラルメイクに使用するのに適したタイプです。

チーク専用スポンジ「ビューティーブラッシャー」

「ビューティーブレンダー」と同じ素材で、ひとまわり小さいサイズなのが、チーク専用の「ビューティーブラッシャー」。

パウダーチークを使用する場合は乾いたままで、クリームチークを使用する際はスポンジを濡らしてよく絞ってから使います。

ポンポンとたたくだけでお肌にチークが馴染んで、綺麗にぼかすことができます。

目元や小鼻のキワ専用スポンジ「ビューティーブレンダーマイクロミニ」

 

ビューティーブレンダーマイクロミニセット
https://www.ibeautystore.com/products/1042275

「ビューティーブレンダー」のミニサイズ、「ビューティーブレンダーマイクロミニ」。

目の下、鼻、口もとなど細かい部分に使用するのに適したサイズで、パウダー、リキッドどちらにも使えます。

2個セットになっています。

ボディ専用スポンジ「ボディブレンダー」

ボディ用の平形のスポンジで、体の面積の広い部分を塗るのに適しています。セルフタンニングローションやブロンザーなどを柔らかく均一に仕上げます。

▼横から見ると、このように平たくなっています。

使い方はビューティーブレンダーと同じ。たっぷりと水分を含ませたあと、固く絞って表面の水気をタオルなどで軽く拭きます。 その後、ブロンザーなどを取り、やさしく叩くように肌にのせます。

セルフタンニングローションやブロンザーは日本人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、ボディのシミやアザを隠したい時、パーティでボディにキラキラパウダーをつけたい時などに使えます。

ビューティーブレンダーの大きさ比較

「ビューティーブレンダー」シリーズの種類を紹介してきましたが、ここではその大きさの違いをご説明します。

顔用の「ブレンダー」は7センチ

目元、小鼻のキワ用の「マイクロミニ」は3.5センチ

ボディ専用スポンジ「ボディブレンダー」は11.5センチ

3つを並べると、2倍ずつ大きくなっているのがわかります。

まとめ

初心者にオススメはオリジナルの「ビューティーブレンダー」

「ビューティーブレンダー」シリーズには、多くの種類があることをご紹介しました。

迷ってしまうかもしれませんが、最初に買うならオリジナル(ピンク)の「ビューティーブレンダー」がおススメ。

ビューティーブレンダー Beauty Blenderプロ
https://www.ibeautystore.com/products/1042271

「ビューティーブレンダー」で、ベースメイクの仕上がりの違いを実感してから、必要に応じてチーク用の「ブラッシャー」、目元、小鼻のキワ用の「マイクロミニ」をそろえていくといいでしょう。

「使ったらすぐ洗う」が鉄則

最後の最後に…「ビューティーブレンダー」は卵型のスポンジ。水に濡らして使うので、使い終わったらしっかり洗って、しっかり乾燥させるのが鉄則です。

専用のクレンザーも出ていますし、使ってすぐなら普通の石鹸でも表面の汚れは落とせます。

私は洗ったら洗濯バサミで先端を挟んで干しています。

使ったまま放っておくと、肌トラブルの原因にも繋がりかねません。綺麗にメイクするためのスポンジで、肌が荒れるなんてイヤですよね。

毎朝、綺麗なスポンジでメイクするよう心がけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LULUの最新情報をお届けします