2017年2月5日 ライフスタイル

冬にぴったりのストールコーデ!覚えておきたい3つの使い方

               

冬はストールで大人女子コーデを作ろう!

コートを着込むほどでもないけれど、上着だけでは防寒が心もとない…。

そんな寒い日におすすめなのが大判ストール。今年はあえて大判ストールをいつものコーディネートにプラスして、エレガントやカジュアルスタイルをワンランク上に見せるスタイルが人気です。

でも、ストールは巻き方を失敗するとオバサン臭く見えたり、野暮ったい印象になったりすることも。

今日はストール初心者でも手軽にスタイルに追加できるおすすめコーデをご紹介します。

今すぐやりたい!3つの大判ストールコーデ術

ダメージデニムのカジュアルコーデにプラス

ダメージデニムにシンプルニットは、冬の定番コーデですがそのままだとカジュアルすぎる装いになりがちです。

そこに大判ストールをプラスすることで、コーディネートにエレガンスさが合わさって、大人の女性らしい落ち着いたスタイルが完成しますよ。

巻き方は首元を大きく隠すように1回巻きをする「エディター巻き」がおすすめ。

大判ストールは普通のマフラーよりもボリュームがあるので、基本のエディター巻きでも小顔効果も期待できます。

足元はヒールのあるブーツやパンプスを合わせて大人カジュアルなスタイルを作りましょう。

寒色系ストールを肩にかけるだけのエレガンススタイル

大判ストールの幅の広さを利用して、肩にかけるだけの簡単なエレガンススタイルも人気です。

特に同じく寒色系のネイビーなどのワンピースは、上にストールをかけるだけで女の子らしく、上品な印象になります。

また、コーディネートカラーが地味になりがちな冬だからこそ、あえて目立つ模様が入ったタイプや、赤などの暖色系のストールを差し色に使うのもおすすめです。

ストールを手に持ってラフなスタイルを作ろう

暖かい日はストールを首に巻かず、手に持つのがファッショニスタの間で流行中です。

カジュアルなパンツスタイルに、手元へストールを合わせることでスタイルにきちんと感が生まれますよ。

こうして「持つおしゃれ」を手軽に楽しめるのも大判ストールならではの魅力。普段の何気ないスタイルをおしゃれに見せることができるので、ぜひ試してほしいストールコーデテクニックです。

ストールは一枚持っておくと、肩に掛けたり首に巻いたり、膝にかけたりと何かと便利なアイテム。いつものコーディネートを華やかに見せてくれるアイテムですので、ぜひこの冬はストールコーデを楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LULUの最新情報をお届けします