2017年1月4日 ライフスタイル

1日5分で美尻をGET!簡単ヒップアップトレーニング

               

きゅっと引き締まったヒップは女子の憧れですよね。

shutterstock_403486252

重力に負けたお尻は、プロポーションバランスを崩し年齢を感じさせる原因になってしまいます。今回は魅力的な美尻が手に入る、ヒップアップトレーニングをご紹介しましょう!

お尻が垂れるのはなぜ?

若いときは筋肉で引き上げられていたバストやヒップですが、年と共に筋力が衰えて下がってきてしまいます。特に後ろ姿は自分であまり見ることがないので、気がつかないうちに“垂れ尻”になってしまう場合も。

あなたのお尻はどうですか?まずは下記のチェックリストをみてみましょう。

ヒップが垂れる習慣チェック

shutterstock_186817253

  • 気がついたら猫背
  • 小股歩き(ペンギン歩き)
  • いつもヒールの靴を履いている
  • 椅子に深く腰掛ける

猫背の人は、お尻を引き上げる背筋が衰えている可能性があるので要注意です。

また猫背の人は小股歩きの人が多く、お尻の筋肉がうまく使えていません。自然と膝がまがり歩き方も不格好になってしまうので、意識的に姿勢を正して歩きましょう。

スタイルアップに欠かせないヒールですが、お尻の筋肉を正しく使えないのでヒップアップの面ではNGです。椅子に深く腰掛ける座り方も猫背のもと。座るときにお尻もつぶしてしまうのでよくありません。

簡単ヒップアップトレーニング

shutterstock_403536166

ヒップアップするにはお尻はもちろん、背筋・太ももの筋肉も鍛える必要があります。簡単トレーニングで、きゅっと引き締まったお尻を手に入れましょう!

「バックキック」

  1. 壁に手を突き、肘を真っ直ぐにして立ち背筋を伸ばす。
  2. お尻、太ももの裏側の筋肉を意識しながら、足を真後ろに蹴り上げる。

※これを両足10回ずつ×2〜3セット行います。

「ヒップアップスクワット」

  1. 足を肩幅にひらく、膝とつま先は同じ向きになるようにする。つま先は正面かやや外側に向ける。
  2. そのまま椅子に腰かけるようにお尻を下げる。

太ももと床が平行になるように、なるべくつま先よりも前に膝が出ないようにするのがコツ。後ろに倒れてしまいそうになるときは、腕を床と前方に伸ばすとバランスがとりやすいです。

※これを10回×2〜3セット。無理のない程度に行います。

「ヒップリフト」

  1. 仰向けに寝て両膝を立てる。脚幅は骨盤の幅に合わせる。
  2. .お腹に力を入れたまま、肩から膝が一直線になるように背中を持ち上げる。

そのまま5秒キープ、息を吸いながらゆっくりと背中から降ろす。このとき手で押仕上げないよう注意。

※これを5〜10回程度行います。

「ヒップアップに効く歩き方」

shutterstock_468386699

正しい歩き方をマスターして、通勤時間にこっそりヒップアップトレーニングしちゃいましょう!

  1. 顎を引いて背筋、膝を伸ばす。
  2. お腹を引っ込めてお尻をキュッと引き上げる。
  3. 膝は伸ばし腰から足を出すイメージ。かかとから着地する。
  4. 足を後ろに出すときは、太ももの裏が伸びていることを意識する。

※普段よりちょっと広めの歩幅で歩くのがポイントです。

ヒップアップにはどうしても筋トレが必要です。ただハードな運動をする必要はなく、今回ご紹介したような5分ほどで終わる簡単なトレーニングでOK。
まずは一日一種類。少しずつでもいいので毎日続けてみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LULUの最新情報をお届けします