2016年3月14日 スキンケアメークアップ

サッと拭き取って、お肌もしっとり♡ 「クレンジング水」で時短お手入れ!

               

 

image1
「ああ、メイク落とさなきゃ…」、疲れて帰ってきた時のこんなシーン、よくありますよね。メイク落とし→洗顔→化粧水→お肌を整えて…、そんな行程が「面倒くさい!!」と感じる時もあるはず。そんな時に便利なのが、今、じわじわと流行している「クレンジング水」。コットンに染み込ませて、サッと拭き取るだけでOK!しかも、お肌をしっとりさせてくれる効果もあって、忙しい女性にピッタリです。

パリジェンヌの定番コスメ︎「クレンジング水」って?

美容大国フランス発の「クレンジング水」。フランスは日本より乾燥しているとことが多く、さらに水がマグネシウム・カルシウム分をたっぷり含んだ”硬水”。硬水は洗顔液などの成分と相性が悪く、直接お肌に触れるのもよくないとか。そのためパリジェンヌ達は、拭き取りベースのスキンケアで対策をしているそう。「クレンジング水」は、そんなフランスの女性の知恵から生まれた、お肌のためのスキンケアなんです。

どうやって使うの?︎

image2

基本的に「W洗顔」は不要!コットンにたっぷり染み込ませたら、そのままメイクを拭き取るだけで完了。ほとんどが化粧水成分を含んでいるため、「化粧水」も不要です。オイル等に比べてスッと肌に馴染み、メイクを落としてくれるので、”肌に優しい” ”肌に負担を与えない”のも特徴。オイルのベタベタ感が苦手な人、マツエクを使っている人、マスカラや口紅などのポイントメイクを落とす時、そのほか旅先や急なお泊まりの時などにも便利です。

さっそくトライしてみました!

image3
使ってみたのは、プラントシステム アージェンスミセラー「乾燥肌用」「敏感肌用」「普通肌用」とありましたが、私は普通肌なので、センターの青のボトルのものを使いました。
image4

プラントシステム アージェンスミセラー 500ml

こちらは肌荒れしやすい超乾燥肌の人向け。オリーブやグリーンティーなどの天然成分を用い、無香料・アルコールフリー・パラベンフリー。なめらかでハリのあるつややかな肌に仕上がります。

image5
無色透明なテクスチャー。ほぼ無臭で、触り心地もサラサラです。クレンジングとは思えないほど、ベタベタしないのが◎。さっそくコットンにたっぷり染み込ませます。
image6
手の甲に、ファンデ+厚塗りのコンシーラー+アイシャドウをオン。メイクに数秒なじませて、サッと拭き取れば完成。コットンを見てみると…、しっかり落ちています!
image7
「本当に水で落ちるの〜?」と半信半疑でしたが、おお…一目瞭然!

image8

ヒリヒリする感じもなく、触ってみると、お肌もしっとり〜。ベタベタするオイルクレンジングが苦手な私には、ピッタリかも。さっそく乗り換えたくなりました!

アイビューティーストアでは、500mlのボトルが46%オフの「1,980円」で購入可能!お値段もお安いので、ケチらずバシャバシャ使えそう。疲れている時、ちょっと濃いメイクをした時、旅行の時などにも便利そうです!

image9

メイクを拭き取って落とすため、摩擦で肌を傷めないよう、拭き取る際はコットンに液をたっぷり染み込ませて使うのがポイント。コットンはケチらず、目元、口元、頬、Tゾーン(額・鼻・小鼻)などに分けて使いましょう。また、使用後のW洗顔は肌に必要な油分まで落としてしまうためNG。どうしても気になる場合は、水ですすぐ程度が◎です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LULUの最新情報をお届けします